YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報や本業の学習教室に関する学習の記事などマルチにつづっていきます!

MENU

これからyoutubeを始める全くの初心者が押さえておきたいポイント3つとは?

youtube初心者が知っておきたいポイント紹介します。

 

 

youtubeと言えば、今やテレビを凌ぐほどに成長した動画サイト。

企業や芸能人はもちろん、一般人でも手軽に参入できることから多くの人が利用しています。

これからyoutuberになろう!と考えている人の中には、

はじめしゃちょーのように有名になりたいとか、広告収入で副収入を得たいとか、

そういった理由で始めようとする人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、youtube初心者のために、基礎的な部分から紹介したいと思います。

PCや動画技術に詳しい人よりも、僕のように編集技術も皆無でまったくの素人向けに書いてあります。

これさえ押さえれば、とりあえずスタートダッシュを切ることが出来るでしょう。

 

【目的をハッキリさせよう】

youtuberになる前に、どんな配信者になりたいのかをハッキリさせましょう。

チャンネルは会社のようなもの。経営方針や企業理念、さらには売る商品を決めずに開業してうまくいくことはありません。

決めなくてはならない大きなポイントは4つです。

 

①どのような動画を上げていくのか?

 どのようなジャンルのチャンネルにするのかをまずは決定しなくてはなりません。

数多くのユーチューバーのように、実験や検証などマルチにやっていくのか、

商品紹介をメインでやっていくのか、

歌い手として動画を出すのか、クレーンゲーム動画を配信していきたいのか、

ゲーム実況で有名になりたいのか、自分のネタや芸を見てもらいたいのか。

ひとえに動画と言っても様々です。

これはテレビ番組で言う、バラエティ・ニュース・ドキュメンタリーといったジャンルと同じこと。

ある程度ファンを付けたいなら、なるべくジャンルを絞った方が良いでしょう。

 

②顔出しはするのか?

 ジャンル次第ですが、顔出しをするかどうかを考えましょう。

一般的に顔出しをした方が信頼が得られ、ファンが付きやすいと言われています。

とはいえ、最近では個人情報の漏洩などもあり、顔出しが心配の人は仮面をかぶったりしているのも多く見受けられます。

ゲーム実況などは声だけの出演でも十分ですが、

有名ユーチューバーのようになりたいなら、顔出しは必須ともいえるでしょう。

顔出しをすることで表情が動画内で伝わるため、親しみが持ちやすいというメリットもあります。

 

③動画の更新頻度はどうするのか?

 チャンネルのジャンル、顔出しの有無を決定したら、次は更新頻度です。

有名ユーチューバーの多くは、毎日更新をしている人もいますね。

登録者を増やしたり、その結果として収益を増加したりしたい場合には、

動画をとにかく増やすことが肝心です。

しかし、注意したいのは動画1本作るために時間がかかるということ。

有名ユーチューバーは動画だけで食っている人もいて、かけられる時間は少なくありません。

しかし、副業で始めようとしている人にとって割ける時間は限られています。

だいたい1本の動画を作るのに、平均2時間以上はかかると考えて更新頻度を考えましょう。

最初から毎日更新します!と断言して、途中でやっぱり難しかったと変えてしまうと信頼を失うことにもなりかねないので、

最初は様子見で週に1回などにしておいて、余裕が出たら途中で増やしていくという手もあります。

 

④目標は何か? 継続できそうか?

 youtuberになる上で最も大切なのは「継続」です。

アフィリエイト等にも通ずることがありますが、広告収入を狙う場合には、開始月から稼げるなんてことはほとんどありません。

特に今はyoutuber界も飽和状態。個性を出せなければ、最初の月は再生回数0なんてこともザラにあります。

初めの方は収益は期待せず、とにかく半年、一年を続けることを目標としましょう。

特に動画の編集に時間がかかる反面、再生回数が伸びないと挫折してしまうものです。

1年でチャンネル登録者〇人を目指す!というような目標を立て、強い意志で継続していくことが大切です。

 

 

 

【必要なものを準備していこう】

向かいたい方向が決まったら、さっそく必要なものを準備していきましょう。

ここでは最初に必須なものを並べてみました。

ただ初めて挑戦する人は初期費用も掛けられないと思いますので、いきなり完璧なものを準備する必要はありません。

状況や成長度合いに合わせて、よりよいものにしていきましょう。

 

①カメラ/マイク/三脚

 動画の撮影をする上で必須のアイテムとなります。

カメラが無くては始まりません。とは言え、立派なビデオカメラを準備する必要はありません。

実際僕も始めたころはお金がなく、スマホで撮影をしていましたが、

細かく気にしない人にとっては、画質も動画機能も十分でした。

スマホであれば、いざと言うときにすぐ撮れますし、コンパクトなので利便性は高いです。

スポーツや料理動画などは、より高性能のビデオカメラを選んだ方が良いと思います。

またマイクは必要に応じてあった方が良いでしょう。

スマホはもちろん、マイクがないと音を拾いにくい場面もあります。

実際に僕も使っていますが、スマホであればこのサイズのマイクで十分で、価格も高くないのでお勧めです。

三脚は、カメラを固定するのに必須です。

カメラマンがいるという場合には必要ないかもしれませんが、一人で動画を始める場合には固定するために必要です。

僕は普通の三脚と、机に取り付けられるカメラスタンドの2つを併用しています。

場面によって活用できますし、ブレない動画を作ることが出来るので大切です。

 

②動画編集ソフト

素材となる動画を撮った後に、動画を編集するソフトが必要となります。

撮った動画をそのままあげることも可能ですが、無駄な部分をカットできますし、テロップも入れることが出来るので必ず活用しましょう。

動画ソフトには有料で高性能なものも多く存在しますが、初心者は無料ソフトで十分です。

カットはもちろん、効果音やテロップを入れたり、ナレーションを入れたりできます。

動画の編集の経験一切なくて、PCがwindowsである人には「ムービーメーカー」がおすすめです。

他のソフトに比べて出来ることは限られますが、最も分かりやすく簡単に編集できます。

もう少し様々なテクニックを入れたいという人は「AviUtl」が良いでしょう。

使い方や技術はネットで簡単に調べられますし、少し勉強すれば使いこなせるでしょう。

 

③収益化の設定

youtuberになる人の多くは、広告収入を目的としている人でしょう。

youtubeではチャンネルを開くと、収益化の設定に申し込むことが出来ます。

これを忘れてしまうと、いくら再生回数が増えても収益を得ることが出来ません。

PPAPで有名なピコ太郎も、初期はこの設定を忘れていたということが話題になりましたね。

チャンネルを開くと同時に、収益化の設定は必ず行いましょう。

ただし、やり方は少し複雑です。

最近ではyoutubeに関する本も売られていますし、ネットで情報は拾うことが出来るので、参考にしながら正しく設定していきましょう。

ちなみに僕はこの本を参考にしました。困ることなく設定することが出来ました。

 

④動画のネタ

チャンネルを開始したはいいけれど、ネタが無くて数回更新して停止・・・なんてこともあります。

実際、そういう人も多いのだと思います。

せっかく付いてくれたファンを裏切らないためにも、何とか続けていきたいですよね。

多くの配信者がつまずくのが「ネタ」の問題。

ゲーム実況であればそのゲームがある限り更新し続けられますし、

商品紹介は季節品を紹介していくだけでも一年を乗り越えることは出来ます。

しかし完全に企画ものでチャンネルを開いている人にとっては、ネタは命綱と言っても過言ではありません。

出来れば配信を始める前に、十分なほどのネタを準備して臨みましょう。

過去にネタについて書いた記事がありますので、そちらに詳しく書いてあります。

 

またこのブログはyoutuberのためにネタの参考として生まれたブログでもあります。

良かったら定期的にチェックしてみてください☆

 

【動画の再生数を上げるための初歩テクニック】

それでは実際にチャンネルを開設し、動画を配信した後の話をしましょう。

既に述べた通り、最初の方は全然再生数が伸びず、挫折したくなることもあるでしょう。

あの有名なユーチューバーはじめしゃちょーも、開始当初はチャンネル登録者15人だったとか。

人知れず努力を重ね、継続していくことがいずれ大きな結果につながるのです。

何本か配信して慣れてきたら、再生数を上げるためのいくつかのテクニックを織り交ぜていきましょう。

 

①サムネイルを工夫しよう

サムネイルとは、動画が羅列したときに表示される表紙の画像のことです。

商品で言えばパッケージの部分で、実はとても重要な部分です。

初見の視聴者は、ここを見てクリックするからですね。

慣れない内は、トップユーチューバーを参考にするのが良いでしょう。

顔出ししている人は、サムネイルにも表情のはっきりした顔を載せると良いとも言われています。

動画の内容がハッキリと分かる表紙にしましょう。

当然ですが嘘や誇大表示は違反となりますので、注意しましょう。

サムネイルと同様に、動画タイトルを考えるのにも時間を割くようにしましょう。

検索したときに引っかかる重要なポイントです。

 

②エンドカードを作ろう

エンドカードとは、動画の中におけるエンディングのことです。

多くのユーチューバーがここで「チャンネル登録」を促したり、チャンネルの紹介をしています。

これを動画の最後に挟むことで、リピーターや登録者の獲得をするわけですね。

チャンネルとしてのファンを付けたいのならば、エンドカードは作りましょう。

 

③効果音や画像はフリー素材を使おう

動画の中で効果音を付けたり、BGMを使う場合にはフリー素材で探してみましょう。

絶対にやってはならないのは、著作権のあるものを使うことです。

一般的に動画サイトで、普通の音楽(有名な歌手など)を使うと違反になります。

逃げ恥で有名になった星野源の「恋」は、特例として使用が許されたことで話題となりましたが、

一般的に許可を得なければ、勝手に使ってはいけないのです。

画像も同様です。勝手に芸能人の画像や、他人の撮った写真を使ってはいけません。

どうしても使いたい場合には、商用フリーのサイトから用いましょう。

 

④プレゼント企画をしよう

これは少し中級編ですが、プレゼント企画を使って登録者を増やす作戦もあります。

こちらについては別の記事に詳しく書いてあるので、

動画に慣れてきてプレゼント企画をやってみたいという人はチャレンジしてみましょう。

登録者がある程度増えて、応募者が予想される場合に挑戦しましょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は全く知識のない初心者用に押さえておきたいポイントを紹介しました。

参入者の多くなった業界ではありますが、まだまだ稼ぐことは可能です。

ぜひチャンネルを大きくして、理想のyoutuberを目指してみてください。