YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報や本業の学習教室に関する学習の記事などマルチにつづっていきます!

MENU

YouTuberとして得た利益に所得税はかかる? 動画配信者の税金について

動画配信者が得る広告収入などの収益に関して、

税金の面から今回は迫っていきたいと思います。

 

毎年3月になるとよく耳にする「確定申告」という言葉。

自分はサラリーマンだから、学生だから、関係無いと思っていませんか!?

実は動画配信者で、一定の収益を得ている場合にはきちんと申請しなければならないのです。

今の時代、誰でもYouTuber等の動画配信者になることが出来るため、

この手の複雑な税金関係の話は、学生などにとって理解するのに一苦労ですが、

きちんと理解しておくことが大切です。

今回は知っておきた税金関係の基礎的なことについて紹介したいと思います。

 

【一定の収益があれば確定申告が必要!?】

一般的に、動画配信による収益でも一定額以上もらっていれば確定申告が必要になります。

具体的には・・・

サラリーマンなど本業がある場合:収益が20万円以上

専業主婦や学生など他に収入が無い場合:収益が38万円以上

 

あくまでこれは基本的な考え方で、

医療費控除などそもそも確定申告を行う必要がある人の場合には、

この金額以下であっても記載する必要が生じるので注意が必要です。

 

ちなみに副業として扱った場合の「収益が20万円以上」という数字について、

YouTubeの広告収入という側面からもう少し見てみましょう。

およそ1再生で0.1円前後の収入となるYouTubeにおいて、

仮に20万円の利益を1年間で上げるとなると、200万再生が必要ということになります。

はじめしゃちょーさんやヒカキンさんなどのトップユーチューバーなら1本の動画でも

余裕な値かもしれませんが、一般の人にとってはどうでしょうか。

もし年間でこれくらいの再生数を記録できるチャンネルを持っている!という人は、

税金のことを理解しておいた方が良いでしょう。

 

 

【所得を減らして減税できる!?】

それでは確定申告が必要なほど収益があった場合には、

必ず所得税を払わなくてはならないのでしょうか!?

これについては、その人が従事している本業や状況に応じて様々なのですが、

いくつかの手段によって税金対策を行うことが出来るということを知っておきましょう。

 

まずそもそも「収入」と「所得」は別物と考えましょう。

収入とはいわば、店でいうところの売上です。単純に売り上げた金額ということ。

所得とは、そこから手元に残るお金ということになります。

この収入と所得の間には、何が存在するでしょうか?

そう、経費です。

 

ラーメン屋で考えてみるとわかりやすいですが、1日の売り上げが100万円だとしても、

純粋に手元に残るのはこの金額なわけがありませんよね。

この100万円から、家賃やラーメンの原材料費、人件費などが差っ引かれます。

すると店主の手元に残る所得は20万円になるとしましょう。

所得税がかかるのは、この20万円という部分のみなのです!!

 

YouTubeにおいても、この経費を計上することが出来ます。

3万円の収益を上げた動画について、例えば商品紹介の動画だとすればその商品の代金、

もっと言えば、カメラや動画編集ソフト代なども経費とみなすことが出来るでしょう。

(ただし領収書等、証明できるものが必要です)

これらを差っ引いた結果の額に対して、所得税がかかります。

仮にこの動画に4万円の経費がかかっていたら、動画による所得はマイナス1万円ですから、

3万円の収益が上がっていたとしても赤字なので、これ単体に税金はかかりません。

(極端な例です。本来は1年間の総計に対して税金がかかるかどうか判断されます)

 

 

 

 

【経費以外にも減税の道がある!】

経費はイメージしやすいところですが、それとは別に「控除」というものが存在します。

これは経費を差し引いた額に対して、更に「所得からなかったことにできますよ」というものです。

例えば、自営業で国民年金を払っていたとしましょう。

国民年金は経費としては扱えないので落とすことはできませんが、

この控除の扱いを受けられるので、所得から一定額を差し引くことが出来ます。

他にも医療費控除や配偶者特別控除などたくさんの控除が用意されています。

 

一番良く耳にするのは、青色申告特別控除というものでしょうか。

これは年間のお金の動きをきちんと書類にまとめて提出しますと約束することを条件に、

65万円の控除を受けられるというものです。

本来100万円の所得があるところを、35万円にしてくれるのでぜひ活用すべきです。

ちなみにこれは、100万円の所得が35万円に減るということではありません。

税金の「対象となる金額」を減らしてあげますよということです。

 

 

このように知らないと損をしている場合が多いので、

税金については、税理士やお近くの税務署に相談するのが良いと思います。

毎年2月下旬ごろになると各税務署では無料で確定申告の相談をすることもできます。

(ただし青色申告特別控除は事前に税務署へ手続きをしていなくてはなりませんし、

その年に確定申告をしようとか収益が超えるかもと思っている場合には、

その一年間の経費の証明だったり、諸々の書類だったりを保管しておかなくてはいけません)

 

YouTuberの収益などネットの利益は案外申告をしなくていいやと思いがちですが、

万が一にもばれた場合には、税金のみならず追加徴収がなされます。

一定額を得ている場合には、必ず申告するようにしましょう。

もちろんすでに述べた通り、一定額超えているからと言って必ず税金がかかるわけでもありません。

事前によく勉強して、税金関係の不安なく動画配信を楽しめれば良いですね。