YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報やコミックなどマルチにつづっていきます!

MENU

ヒカルとは? 動画スタイル・経歴は?

YouTuber界でも動画に多額のお金をかけることで知られる「ヒカルさん。

一体どんなユーチューバーなのでしょうか?

 

金持ちヒカル」や「カリスマヒカル」の愛称で知られるYouTuberヒカルさん。

髪の毛の色が印象的な彼ですが、どのようなユーチューバーなのでしょうか?

本日はヒカルさんの、動画スタイルや経歴、プロフィールなどそのすべてに迫ります。

 

 

【ヒカルのプロフィール】

生年月日:1991年5月29日

出身:兵庫県

所属:ネクストステージ/VAZ

(ほかに、禁断ボーイズさんやラファエルさんが所属)

 

あんまり情報がないんですけど、まだまだ若い!

若くして大金を成し、他には真似できない動画をあげているということが出来ます。

 

ヒカルさんの動画チャンネルや、ヒカルゲームズではヒカルさんの他に、

ヒカルさんのお兄さんにあたる「まえっさん」、

ゲーム実況やヒカルチャンネルにも登場する「名人」、

ヒカルチャンネルを支えるカードショップ遊楽舎の「店長」などが登場します!

 

 

【ヒカルの動画スタイルは?】

ヒカルさんの動画スタイルは、なんといっても「大金をつぎ込む企画」。

・・・に注目されがちで、それを標的にバッシングする人も少なくありません。

しかしそれだけでヒカルさんは人気を集めているだけではなく、

ユーチューバー界きっての「トーク力」が非常に魅力的です。

自分でカリスマというくらいですから、相当の自信家ですし、

それを裏付けるお金の使い方とトーク力はやはり才能を感じさせます。

 

関西弁によるツッコミを得意としており、10分以上の動画でも飽きさせない

トークこそがヒカルさん最大の魅力と言っても良いでしょう。

もちろん企画も他の人が真似できない、でも気になる!という点をうまくつき、

視聴者の注目を集めています。

歯に衣着せぬトークに嫌悪感を抱く人も少なからずいるようですが、

大好きというファンも男女ともにいますねw

 

ヒカルチャンネルで人気の高い動画はこれら。

・年末ジャンボ宝くじを100万円分買う

・スクラッチを売り切れになるまで買う

・千円自販機を空になるまで買う

いずれも少年心をくすぐるような企画ばかりで、一度はやってみたいことです。

他にもボートレースの動画なども最近取り上げており、

男性を中心に、大人から子供まで楽しんでいるチャンネルと言えます。

 

またカードショップ遊楽舎の「店長」を出演させているのも彼の動画が上り詰めた要因の一つ。

半ば強引に仲良くなったようですが、今では閉店後貸し切りで出演してもらって、

店内のカードについてや、ゲーム機についてなどあらゆる企画をやっています。

特に人気の高いのが「査定シリーズ」。

少年たちが気になる遊戯王カードなどを開封して、店長に査定してもらう動画は、

ヒカルさんの代表的な動画としても人気を集めています。

 

ちなみに金をかけると言いますが、もしかして税金関係があるのかな?とも思ったりします。

ヒカルさんは会社も経営していますからそこらへん詳しいでしょうし、

動画の収益は多額でしょうから、動画の企画にお金を使ってどんどん経費にした方が、

税金にもっていかれずに済むんだと思います。賢いですよねw

 

 

 

 

【ヒカルの経歴は?】

そんなカリスマのヒカルさんですが、そもそもどうしてそんなにお金があるのでしょうか?

それにはヒカルさんのこれまでの経歴が大きく関わっています。

 

これは2013年ごろのこと。「金髪起業家ヒカル」という人物が、

アフィリエイト等の副業業界で注目を集めていました。この人こそ、ヒカルさんです。

当時彼はネットビジネスを推奨しており、情報商材を売って生計を立てていました。

これが月1200万も稼いでいたというのですから、相当なものですよね。

一部では詐欺というバッシングもありますが、事実関係は認められません。

 

昔は相当のヤンキーだったらしく、働き口もないような学生だったよう。

けれど今でも尊敬する師の下で、必死に努力したようです。

その結果が大金を成し、いまの動画配信者という形に落ち着いたんですね。

これらの経験があったからこそ、今の自信にもつながっているんだと思います。

 

 

今や多くの人が動画配信に参入して来ましたが、

ヒカルさんの動画をマネできる人はそうそう出てこないと思います。

ヒカルさんのトーク力、財力、人脈がなければまず無理だと思うからです。

これからもYouTube界を牽引していってほしいと思います。