YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報や本業の学習教室に関する学習の記事などマルチにつづっていきます!

MENU

YouTubeの規制 「1万再生未満のチャンネル」は広告非表示になるってどういう事?

2017/4/7のニュースで、YouTubeの広告に関する衝撃の話題が飛び込んできました!

これからYouTubeを始めようとしている人や、

まだ駆け出しのユーチューバーは必見のニュースとなっています!

はじめての 今さら聞けない YouTube 入門 (BASIC MASTER SERIES)

はじめての 今さら聞けない YouTube 入門 (BASIC MASTER SERIES)

 

 

 

2017/4/7、突如飛び込んできたニュース。

それは、「再生数1万未満のチャンネル」に対する広告非表示の規制でした。

それって一体どういうことなの? 再生数って何が基準?など、

気になるこのニュースについてまとめてみます。

 

 

【今回のニュースの全容とは?】

アメリカGoogleの傘下であるYouTubeは現地時間の4月6日に、

ビデオコンテンツ収益化のプログラム「YouTube Partner Program」の要件変更を発表しました。

この日から、総視聴回数が1万未満のチャンネルの動画には、広告が表示されなくなったのです。

これは数週間前にニュースになった、大手の広告会社がYouTubeから撤退したというものに関係すると思われます。

そもそもどんなチャンネル(例えば過激なものや悪徳なものなど)にも、これまでは広告が表示されていました。

大手企業などはこれを嫌って、YouTubeの広告事業から撤退したわけです。

今回のニュースもそれを防ぐ取り組みの一環と考えられています。

 

具体的にどういう事かと言うと、

累計再生数(これはチャンネル単位でのことだと思われます)が、

1万再生に達していないチャンネルの動画には広告が表示されないというもの。

広告が表示されなければ収益を得ることは難しいので、

事実上、1万再生という一種のハードルが出来たことになります。

視聴者を獲得できないようなチャンネルを排除する目的があるとのことですが、

どこまで効果があるかは謎です。

まぁ、底辺の動画配信者やいたずらにアップした動画を排除する役割や、

これから新たに増える迷惑動画に一定の制約を設けたことにはなりますね。

 

 

【影響を受けるのはどんな人?】

今回の取り組みによって、影響を受けるのは以下の2パターンです。

 

1、まだ総再生数が1万に満たないチャンネルの配信者

あくまでこれまでの動画の全ての再生数の「累計」という認識なはずなので、

全ての動画を合わせても1万再生超えていない場合には、広告が表示されません。

ちなみに累計の総再生数は、各チャンネルの「概要」ページで確認できます。

YouTuberのように連日や週〇回と決めて定期的に更新している場合には、

さほど難しくなく1万再生は超えることでしょう。

ただチャンネル登録者が数十人程度で、各動画が2ケタ台等の場合には、

たくさん動画をあげてある程度がんばる必要がありそうですね。

 

 

 

2、これから新たにYouTubeで動画配信をしようとしている人

これから新たにYouTubeを始めようとしている人にとっては、

今回のニュースは完全に向かい風になってしまいました。

これまではノーリスクで誰でも簡単に始めることが出来たわけですが、

総再生数1万回を超えなければ、収益化することが出来ないわけです。

また新規参入の申請も少し厳しくなるかもしれません。

駆け出しのころは、少ない再生数でもわずかな広告収入が入る喜びを糧に続けられるという人も多いと思うので、

これにより新たに参入してくる人が少なくなるかもしれませんね。

 

ちなみにこのブログでは、YouTubeの皆さんをサポートすべく有益な情報を挙げています。

これから新たにチャンネルを開く人のための記事も書いています。

ぜひ様々な記事を見てもらえればと思います! ブックマークもお願いします。

 

www.youtuber-item.com

www.youtuber-item.com

 

 

【他にも始まっている! YouTubeの新たな取り組み】

 

・偽装チャンネルの報告手段を導入

近年、再生数=収益と言う風なイメージが付いてしまったこともあり、

人気ユーチューバーや人気テレビ番組など視聴率の取れそうな動画を、

自分のチャンネルで勝手に再アップロードする案件が増えているようです。

中には大物ユーチューバーの名を騙っている偽装チャンネルも存在するんだとか。

こうした悪質なチャンネルを排除する取り組みが、どんどん導入され始めています。

 

・動画内容の規制を強化

迷惑動画や悪質な動画に対する広告非表示の措置や、

チャンネルアカウントの停止などの規制をより一層強化しています。

これまでも、再生数の水増しなどに対しては厳しく取り締まっていましたが、

今回の広告収益の一件で、さらに規制が厳しくなったのは言うまでもありません。

 

いずれにしてもこれまでは適当だったそこら辺のことを、

結構厳しく取り締まっていくことは、良いことだと思います。

一生懸命コンテンツを用意して楽しませようとしているYouTuberと、

他人の動画を再アップしてそれ以上の収益を得る悪質な配信者とが

これまでは同じ扱いを受けていましたが、そこがハッキリするわけですしね。

 

迷惑動画や悪質な動画などでイメージが悪くなりつつあるYouTubeですが、

テレビに代わるメディアとしてさらに成長してくために、

よりクリーンな取り組みを引き続き行っていってほしいと思います。