YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報やコミックなどマルチにつづっていきます!

MENU

もう儲からない? 2016年にLINEスタンプを作成して、どれだけ売れた? LINEスタンプ作成のポイント

LINEスタンプはもう古い? 2016年に作った結果をお知らせします。

作って売ろう!  10ステップでできるLINEスタンプ ~LINE Creators Market攻略ガイド~

作って売ろう! 10ステップでできるLINEスタンプ ~LINE Creators Market攻略ガイド~

 

 

 

普段はYouTubeの動画配信者向けに記事を書いているこのブログですが、

多くの副業を経験した筆者が、今回は「LINEスタンプ」に焦点を当てて紹介したいと思います。

ちなみにそれ以外の副業についてはこちらの記事もぜひご覧ください。

あらゆる副業の比較とおすすめ度を紹介しています。もちろんLINEスタンプも!

www.youtuber-item.com

 

 

【LINEスタンプはもう古い? 僕の経緯】

LINEスタンプが副業として知名度をアップさせたのは、もう数年前のこと。

今や2017年、すでに時遅しの印象はありますよね。

実際、テレビ番組やアニメ等、クオリティの高いLINEスタンプが1日に何個も配信され、

クリエイターズスタンプなんぞはある意味一発屋の様相を呈しています。

しかも、動くスタンプや声が出るスタンプなど、種類も多くなりましたからね。

 

そんなことは分かっていました。

なので、副業としてではなく「自己満足」としてスタンプを作ることを決意したんです。

まぁ僕は絵が上手くありませんでしたから、イメージを委託して描いてもらいました。

ちょうど、僕が運営している店舗とYouTubeで扱っているキャラクターを使って、

LINEスタンプを作ったわけなんですね。それがこちらです!

store.line.me

 

審査が結構、たいへんでした。透過が出来ていなかったり、サイズだったり。

しかもその審査が一日二日ではなく、相当リアクションが遅かったもので、

せっかく完成したというのに販売できるまでは約1ヶ月以上も要しました。

 

そしてとうとう出来て、友達とかにメールやLINEで宣伝しました。

僕のYouTubeのチャンネルのエンディングでも宣伝し、ツイッターでも宣伝しました。

それで初月売れたのが、約20個。これが2016年10月のことです。

1個売れても30円とかそこらの利益で、

僕の場合はイラストレーターさんに万単位の報酬をお支払いしていましたから、

開始1ヶ月目でまぁ、「これは回収できないな」と自覚しました。

 

 

 

そして、販売してから約半年トータルで売れたのが約30個

つまり、初月を除いてはほとんど売れない月の方が多かったということです。

LINEスタンプが飽和状態にあることや、スタンプを無料で済ませる人が多くなったなど、

外的な要因はいくつも考えられますので、

こればっかしはいくら良いものを作っても、売れない分野になったな、と実感しました。

 

 

【これからやるべきではない?】

単刀直入に言って、副業としてのうま味はもう無い分野だと言えます。

何かしら既に売れているネタがあって、その続編を出す!とか、

絵本作家など既に知名度が高い人が出す!などでない限りは、ほぼ無謀でしょう。

 

ただ、せめてもの救いがリスクがほぼ無いという事。

確かにイラストを描く労力と言うのはありますが、

販売するためにコストはかかりませんし、ハードルが低いのは事実。

大儲けはできませんが、趣味だとか自己満足とかなら乗り出しても良いかもしれません。