YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報や本業の学習教室に関する学習の記事などマルチにつづっていきます!

MENU

YouTubeにおける「質問コーナー」の重要性 押さえておきたい5つのポイントとは?

YouTuberをやる上で「質問コーナー」を撮るなら押さえておきたい5つのポイント。

 

多くのYouTuberが実施している「質問コーナー」。

一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

初めて質問コーナーをやるなら押さえておきたいポイントを5つ紹介します!

 

 

【質問コーナーって?】

多くの動画配信者が実施している質問コーナーとは、

コメント欄などで質問を募集し、それに答えるというスタイルの動画のこと。

視聴者やリスナーとのやり取りが出来る上、

視聴者にとっても配信者のことが詳しく分かる機会になります。

ある程度人気があるYouTuberなら、ファンが見たくなる動画でもあります。

 

質問コーナーを実施する大きなメリットは、やはり「ファンとの交流」ができるという点。

テレビ番組とYouTubeの大きな違いとして挙げられる、距離感。

視聴者と配信者の距離を近づけてくれる、一つの企画になります。

 

それでは実際、YouTuberになってある程度たった後、

質問コーナーをしたいと思ったら、どのような点に注意したら良いでしょうか?

 

 

 

 

【質問コーナーの5つのポイント】

 

1、人気がある程度出てから募集しよう

質問コーナーはそもそも、質問が集まることで成立します。

普段からコメントが数えるほどしか来ないようなチャンネルなら、

実施するのは少し我慢した方が良いかもしれません。

せっかく質問コーナーを企画したとしても、質問が集まらなければ話になりません。

恰好も付かないので、ある程度人気を集めてから実施するのが良いでしょう。

 

2、質問の選定は慎重に

質問コーナーに集まった質問に対して、基本的には全て答えることはしません。

なぜなら、不都合な質問や答えられない質問が混じっているからです。

(ちなみに人気が出てから質問コーナーをやるようにと言ったのは、

例えば3件しか質問が来なかったとして、そのうちの1件が不都合なものだったら、

答えないという選択が難しくなるためです)

質問が多ければ多いほど、選定する必要が出てくるわけですが、

そうした不都合な質問を回避することも出来るでしょう。

今後のチャンネル運営に支障が出るものやプライベートすぎるものは回避するのが無難です。

あとから動画を見直した時、恥ずかしくないものを選びましょう。

 

3、取り上げたなら質問は答えよう

よくYouTuberが、質問に対して面白おかしく答えることがあります。

しかしこれは、ある意味で質問者の満足度を大きく下げることにもつながります。

せっかく質問したものを、ギャグやふざけて返されたら悲しいですよねw

動画内で取り上げると決めたら、きちんと答えてあげるようにしましょう。

チャンネルの雰囲気上、ふざける必要があるならば、

1度質問に対してふざけた回答をしてから、正しい回答も補足しておきましょう。

 

4、定期的に実施しよう

質問コーナーやプレゼント企画については、継続性が大切になります。

特に質問コーナーは視聴者とやり取りできる貴重な機会です。

1度きりで終わらせずに、何度もやってファンを定着させるのが大切です。

 

5、コメントに一喜一憂しないようにしよう

YouTuberをやっていると、コメントに悩んでしまうこともあるでしょう。

全てのコメントが、チャンネルに賛同するものではないことは覚悟しておきましょう。

特に質問コーナーを設けると、残念ながら愛のない言葉が混じることがあります。

そうした言葉に凹んでしまうことは仕方のないことですが、

YouTuberをやる以上は避けられないことなので、一喜一憂しないようにしましょう。

 

 

以上、質問コーナーの重要性と、押さえておきたいポイントを紹介しました。

チャンネルで質問コーナーをするかどうかは、

チャンネル登録者数や、チャンネルの雰囲気、配信者のメンタルなどで決めましょう。

ファンとの結束をより強めることが出来るので、

実施する場合には有名YouTuberの動画を参考にするなどするのが良いと思います。