YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報やコミックなどマルチにつづっていきます!

MENU

五月病は気の持ちよう? 僕が取り入れたやる気を取り戻すための5つの改善策

五月病を乗り越えるために取り入れた、僕のやり方を紹介します。

五月病を楽しむ

五月病を楽しむ

 

 

 

今年のゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしたか?

連休が長ければ長いほど、満喫すれば満喫するほどかかりやすくなる五月病

実際にそこまではいかなくても、何だか体調がすぐれないという人もいると思います。

今回は実際に五月病になりかけた僕が、その対策方法を紹介します。

 

 

【五月病とは?】

五月病とは主に新入生や新社会人に見られる、精神的な症状の総称のこと。

四月に大きく環境が変わった人が、ゴールデンウィークという連休を挟むことで、

急に学校に行きたくなくなったり、仕事をしたくなくなったりすることを指します。

もちろん、新入生や新社会人に限ったことではありません。

 

医学的には、適応障害とかうつ病って診断されることもある病気です。

無気力や不眠、疲労感など総じてやる気が出ない症状が続くことが多いようです。

ただ今回の記事では、五月頃に感じる「だるさ」を五月病と表現しています。

実際、病院などに行って診断を受けるほどではないけど、なんとなくだるい!と言う人って

結構いると思うんですよね。僕もその一人でした。

 

五月病は、気分的な問題で済む場合もあれば、実際に体調不良につながることがあります。

やる気のなさが結構続いて、身体の不調を感じるようなら病院へ相談しましょう。

 

 

 

 

【五月病になりやすい人の特徴は?】

五月病になりやすい人ってどんな性格なのでしょうか?

・おとなしくて内向的な人、神経質な人

・完璧主義者で、責任感が強い人

・感情をあまり表に出さず、我慢強い人

・まじめで、色々と考え事をしてしまう人

これを見る限り、総じてストレスをためやすい性格の人がなりやすいようです。

…実際僕も結構当てはまりますw 当てはまらない人でも当然なる人もいますよ。

 

実際、五月病はうつ病などの入り口とも言われ、精神的な崩れから発症することもあります。

五月病にならないためには、第一に「ストレス」をためないことです。

規則正しい睡眠や食事をとることはもちろんのこと、

常日頃からストレス発散をうまくすることが、五月病を防ぐ方法と言われています。

 

そんなこと分かっていても、色々考えちゃうんだ!

そういう人って、僕だけじゃないはずです。でもどうしたら良いのでしょう?

参考になるかは分かりませんが、僕が五月病を乗り越えた方法を紹介します。

 

 

【僕が取り入れた対策は?】

僕が五月病のような感覚から脱するために取り入れた方法は、主に5つです。

同じように悩んでいる人には、使える手段もあると思うので参考にしてみて下さい。

今回は、5つの改善策を一つ一つ紹介していきたいと思います。

1、人に会ってモチベーションアップ

2、軽い運動で汗をかく

3、栄養ドリンクで活気づける

4、自己啓発本で自分に鞭を

5、高いものを買ってストレス発散

 

【人に会ってモチベーションアップ】

モチベーションを維持したり高めたりするのにお手軽な方法としては、

昔の友人や知り合いに会って、サシ飲みをすることです。

なるべく、意識の高い人や自分が尊敬している人の方が良いです。

サシ飲みとは、自分とその相手の2人だけで飲むこと。

時間を気にせず、2人だけで話せるので結構深く語り合うことが出来ます。

 

だいたいが仕事の話とか、考え方の話とかになりますが、何しろ触発されます。

僕は結構すごいと思える人が周りに多いので、そういう人と飲むと励みになります。

自分も頑張らなきゃな!って、モチベーションが復活することが多いですねw

 

【軽い運動で汗をかく】

ゴールデンウィーク中に部屋に引きこもっていると、

外に出る習慣が無くなって、なんとなーくだるくなってしまうもの。

それを防ぐために、軽い運動をして汗を流すと徐々に身体も復活していきます。

オススメは、ジョギングでしょうか。

1日30分でも良いので、すがすがしい天候の日に歩くことは健康にも良いですw

部屋にこもっていると気分も落ち込むので、気分転換にもなりますね。

 

それから、こんなものがあります。その名も「人生パンチ」。

部屋に置くものですが、ストレス解消グッズです。パンチできますw

サンドバッグのようにたたきまくれば爽快ですよ!

 

【栄養ドリンクで活気づける】

これはある意味、「気休め」と言われてしまえばそれまでですが、

やる気を出すために、栄養ドリンクを飲むという方法ですw

なんとなく、気分的にやる気がわいてくる気がします。

例えばなんとなくだるくて元気がない、食欲がない、なんて時も重宝します。

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

 

 

リポビタンDやチオビタ等の栄養ドリンクは、1日1本までと決まっています。

あんまり毎日飲みすぎると糖尿病になる危険性もあるので注意しましょう。

 

栄養ドリンクではないけれど、飲み物で気分を変えたいときはオロナミンCもオススメ。

程よい炭酸が、気分を切り替えてくれます。

大塚製薬 オロナミンC 120ml×25本

大塚製薬 オロナミンC 120ml×25本

 

 

それから、酸っぱいものが平気な人には、キレートレモンもおすすめですよ!

かなり目が覚めるので、だるさも吹き飛んでしまいますw

ポッカサッポロ キレートレモン 155ml×24本

ポッカサッポロ キレートレモン 155ml×24本

 

 

僕の場合、結構飲み物で切り替えることが多いかもしれません。

無理にでも仕事へ行かなくてはならない場合、とにかく栄養ドリンクを飲みますw

また仕事中に気分が落ちてきたときは飲み物で気持ちを切り替えます!

 

【自己啓発本で自分に鞭を】

僕の場合、仕事のモチベーションを高めるために結構本を読みます。

普段は全く読みません。特に物語は苦手なので、新書とか自己啓発ばかりですね。

でも、こういう本を読むことで明日から頑張ろうという気持ちになれます。

僕が最近読んだ中でオススメなものを2冊だけ紹介したいと思います。

 

こちらはその名も「感情的にならない本」。

新書版ですが、書店でも平積みされているくらい話題になった本ですね。

感情的にならない本 (WIDE SHINSHO203) (ワイド新書) (新講社ワイド新書)

感情的にならない本 (WIDE SHINSHO203) (ワイド新書) (新講社ワイド新書)

 

 

日常生活でも結構気持ちのコントロールって必要な技術だと思います。

それを見つめなおすキッカケになります。 不機嫌になりがちな人には読んでもらいたい。

 

こちらは発売当時から、書店でも結構並べられていた本です。

死ぬくらいなら会社辞めればが出来ない理由」というのはかなりインパクトのあるタイトル。

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 

電通の社員が、会社で辛い思いをして死んでしまったことに影響を受けた本ですね。

確かにこのニュースが流れた時、多くの人はそういう疑問に駆られたと思います。

その真相だったり、ブラック企業の実態だったりが少しだけ垣間見える本です。

なんだか一見ブルーな気持ちになりそうな本ですがそんなことはなく、

自分の仕事ぶりを見つめ直したり、頑張ろうって思えたりするそんな本ですよ。

 

僕は本を読んでいて、「これ凄い!」とか「最高!」とかいう気分になったことはありません。

しかし、軽く背中を押してくれるようなそんな気持ちにはなったりします。

本を読むことで、生活のモチベーションを保っているのかもしれません。

意外にそういう人って、多いのでは?

 

【高いものを買ってストレス発散】

実際、ゴールデンウィークの間に大きな買い物をする人も多いことでしょう。

高価な買い物がストレス発散につながることもあります。

ただしあまりに非日常を味わいすぎると、日常に戻れなくなりますので、

あくまで日常生活におけるスパイスと言った感じでとらえておきましょう。

 

僕の場合は、ビデオカメラを購入しました。トータルで5万円くらいです。

このお金は、普段がんばって貯めていたところから捻出したもので、

仕事をがんばった自分へのご褒美として買ったわけです。

このように仕事に対するご褒美として大きな買い物をすれば、

また頑張ろう!ってなれますし、仕事へのモチベーションも高めることが出来ます。

 

いかがでしたでしょうか。同じく五月のだるさに悩む人のためになれたら幸いです。

何か良い方法があるよー!って方はぜひ教えて下さいね♪