YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報やコミックなどマルチにつづっていきます!

MENU

液体のような金属「ガリウム」とは? 自由研究にもオススメの体温で溶ける金属って?

体温で溶けるガリウムを使えば、様々なモノを作れます!

ぜんぶわかる118元素図鑑: 身近な元素から日本発の元素「ニホニウム」まで (子供の科学・サイエンスブックス)
 

 

 

2017/7月に入ってから、YouTuberのセイキンさんが良く取り上げている「ガリウム」。

金属とはいえその特徴的な性質から、 名前を知っている人も多いでしょう。

セイキンさんの動画ではガリウムの紹介はもちろんのこと、

その性質を利用して、ハンドスピナーを作る!みたいな動画もありましたねw

気になる動画は、記事の最後に貼っておくのでぜひご覧ください。

今回は、そんな「ガリウム」についてまとめたいと思います!

 

 

【ガリウムとは?】

ガリウムとは、現代でも欠かせない、半導体や発光ダイオードの原料ともなっている元素です。

自然の鉱物から採れるというよりは、

アルミニウムや亜鉛などの金属を製錬する際に、副産物として採れるようです。

 

その特徴は何と言っても、融点が低いこと!

融点とは物質が液体になる温度のことですが、それがなんと30℃以下

つまり、手で触るなど体温だけでも液体になってしまう金属なのです。

逆に冷やすとまた固体に戻るので、形を変えやすい金属とも言えますね。

図解入門最新金属の基本がわかる事典 (How‐nual Visual Guide Book)

図解入門最新金属の基本がわかる事典 (How‐nual Visual Guide Book)

 

 

 

 

 

【ガリウムの注意点】

ガリウムは、すでに紹介した通り、体温で溶ける特徴を持つ金属です。

しかし、その使用には注意点があります。

ガリウムは、他の金属を侵食するという特徴があるのです!

ある実験では、硬い放熱板にガリウムをのせて8時間を置くと、なんと放熱板が割れたそうです。

他にもネットでは、iPhoneなどを破壊してしまう衝撃動画なども挙げられています。

したがってガリウムを使うときには、他の金属と一緒にしない注意が必要です。

またガリウムを触ると、手が黒くなるのもデメリット。

実験をする際には、理科の先生などの監修のもとで行うのが良いかもしれません。

 

ガリウムは原子番号31番の物質です。

小中学生の自由研究などにもオススメですよ!

特に2016年にはニホニウムが113番の元素として決定されたので、タイムリーです!

ぜんぶわかる118元素図鑑: 身近な元素から日本発の元素「ニホニウム」まで (子供の科学・サイエンスブックス)
 

 

 

【ガリウムの入手方法】

ガリウムを入手するなら、ネット通販が手っ取り早いでしょう。

僕がよく利用するAmazonでは、残念ながら見当たりませんでしたが、

そういった金属を扱っているサイトもあるので、検索してみるのが良いと思います。

 

ただし、小中学生の自由研究として扱うには、少々お高め。

5gで2,000円~3,000円が相場で、

成型に使うなら量も必要になるので、結構な値段がしてしまいます。

 

 

【性質を利用して様々な実験を!】

ガリウムが体温で溶け、冷やすと固まる性質を利用して、様々なモノに応用できます。

セイキンさんの動画では、ハンドスピナーやコインを作っていました。

型さえきちんと作れば、たいていのものを金属で作ることが可能です。

これは小中学生の自由研究や自由工作にも使えそうですね!

確かに時間をかけて作っても、手の体温で溶けてしまうので展示には注意が必要ですが、

お手製の型も一緒に展示すれば、何度でも成型することが可能です。

 

ぜひ興味がある人は、使用に気を付けつつ、

ガリウムを購入して色々なものを作ってみると面白いでしょう!

 


人の体温で融ける金属「ガリウム」がスゴすぎた・・・

 


人の体温で融ける金属ガリウムでハンドスピナー作ってみた!!DIY Gallium Fidget Spinner