YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報やコミックなどマルチにつづっていきます!

MENU

誹謗中傷は仕方ない? YouTuberが受けやすいトラブルとその解決法

YouTubeで避けては通れない誹謗中傷トラブルなどとその解決法。 

デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル

デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル

 

 

 

どうも、シャチ公です。

YouTubeに関する記事を書いていて、YouTuberさんとも接する機会が多いのですが、

その中でよく耳にするのが「YouTuberを取り巻くトラブル」についてです。

視聴者からの悪質なメッセージに傷ついた人や、

同じ配信者同士でのトラブルなど、これまで幾度となく見てきました。

そこで今回は、YouTuberのためのトラブルケースとその対処法について紹介します!

 

 

 

 

【YouTuberが受けやすいトラブルとは?】

YouTuberが受けやすいトラブルには、次のようなものがあります。

 

・誹謗中傷など暴言による被害

誹謗中傷とは、コメント欄やSNSなどで一方的に暴言を吐くことを言います。

ネットにおいては近年、非常に多いトラブルの一つと言えます。

YouTubeの場合は動画のネタについての暴言や、容姿についての悪口など、

コメント欄やツイッターなどで書かれるケースが多いようです。

 

・名誉棄損など悪質な嫌がらせ

配信者を何らかの理由で恨んでいたり嫌っていたりする人が、

配信者の個人情報を暴露するなどして嫌がらせしてくることもあります。

著しく配信者の地位や名誉を傷つける場合には、専門家に相談しましょう。

 

・視聴者とのトラブル

動画配信者によっては視聴者と問題を起こしてしまう人もいます。

例えば、関係を持ってしまったり、特定の視聴者と直接もめてしまったりなどです。

YouTubeは誰でも配信者になれる利点がありますが、

モラルをきちんと守ることをしないと、誰でもトラブルに巻き込まれる側面を持つので注意です。

 

・他の配信者とのトラブル

コラボ動画など親しい配信者との間でもめることは少ないですが、

相対している配信者などちょっとのことで軋轢が生まれることも珍しくありません。

温和的に他の配信者とも交流していくのが良いでしょう。 

 

・視聴者同士のトラブル

YouTubeのチャンネルが大きくなると視聴者同士のトラブルも出てきます。

特にトップユーチューバーと言える人たちに多く見られますが、

ファン同士でのぶつかり合いや、コメント欄での言い合いなどですね。

 

こういった本を1冊でも読み解いておくと、ネットにおけるトラブルの知識が身に付きます。

ぜひ動画配信者の方でトラブルにお悩みの方は、読んでおいて損は無いでしょう。 

デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル

デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル

 

 

 

【ネット社会における有名税とは?】

こうしたトラブルとセットでよく耳にする言葉に「有名税」というものがあります。

有名税とは簡単に言うと、知名度が高い人が支払わなければならない税のことで、

「有名だからこれくらいのことは仕方がない」という考え方です。

実際に金銭として支払っているわけではありません。 

有名人のスキャンダルが取りざたされた時に、有名人はプライベートが無いと言われますが、

それもまたこの「有名税」という言葉で片付けられることがありますね。

 

近年のネット社会においては、誰でもがこの「有名税」に関わる可能性が出て来ています。

ツイッターやYouTubeなど誰もが「発信側」になれるからです。

発信側になると、それを見ている側がいともたやすくアプロ―チしてくることができます。

もちろんそれは応援や支援など良い側面でもあるのですが、

今回取り上げているような攻撃や炎上などにもつながる恐れがあります。

発信側は細心の注意を払い、トラブルを避けるようにする必要があるのです。

 

それでは実際にあった、YouTubeにおけるトラブルを見ていきましょう。

僕の見聞ではありますが、ネット社会におけるトラブルの大枠が見て取れると思います。

 

【ケース1:YouTubeとリアルの境界】

《経緯》

ある中学生がYouTubeで動画を積極的に挙げていた。

けれども高校進学に当たり、新しいクラスメートと馴染みたいことを理由に、

YouTube活動のことは出来るだけリアルでは隠しておきたかった。

けれどもツイッターをやっていたこともあり、入学前にクラスメートに伝わってしまい、

それを知ったクラスメートは「面白い奴がいるらしい」と一致団結。

その中学生は高校進学がイヤになってしまったというもの。

《考察》

これについては不特定多数が見るYouTubeという場所で動画を挙げる以上、

一定の「覚悟」をもって行わなくてはならない、というのが大前提かと思います。

要するに、バレる可能性もきちんと念頭に置いておくということです。

万が一それによっていじめなどにつながるようでしたら、

保護者の方や先生に相談するか、動画配信自体を止める必要があるでしょう。

不特定多数の人が見られるネットというゆえのリスクも覚えておきましょう。

 

【ケース2:炎上トラブル】

《経緯》

動画内において、性的少数者を非難するような発言。

本人は冗談のつもりで言ってしまったところが、

動画の評価は低評価ばかりで、コメント欄も大荒れしてしまった。

挙句、ツイッターへの荒らしや他の根も葉もないうわさまで出され、炎上。

《考察》

動画内での発言には細心の注意を払わなくてはなりません。

友達感覚で動画を撮って挙げることができるというのもYouTubeの魅力ではありますが、

不特定多数の人が見るということを常に忘れず、

これを挙げたらだれか傷つく人はいないか? ということに注意する必要があります。

  

こういった本を手元に1冊置いておくだけでもだいぶ気が楽になるかもしれませんね。

SNSなどネット社会では、多くの人のマナーやモラルが問われています。

脱! SNSのトラブル

脱! SNSのトラブル

 

 

 

【トラブルを回避するには?】

このように見てくると、不特定多数の人が利用するネットにおいては、
誹謗中傷や炎上は避けられないことのように思います。
けれどもYouTuberは有名税だからと、仕方なく傍観しているだけではいけません。
出来る限りの対処法や、トラブルが起きてしまってからの解決法を押さえておきましょう。
今回は簡単ではありますが、トラブル回避の為のポイントをいくつか紹介します。
 
1、不特定多数が見ていることを意識する
友達感覚で動画を撮っても簡単に挙げられるからこそ、
小学生でもYouTuberになれる時代になった反面、
まだまだ「不特定多数が見ている」という自覚が少ない人も多いようです。
自分のクラスメートが見ている可能性だって充分にありますし、
動画内で言った一言に傷ついてしまう人もいるかもしれません。
動画を挙げる以上、挙げる側も最低限のマナーやモラルを守ることが大切です。
 
2、極力火種には反応しないようにする
どんな炎上にも、小さな火種から始まります。
例えばある人が攻撃を仕掛けてきても、それに対抗しようと反応してはいけません。
動画配信者が対抗することで、炎はさらに燃え上がってしまいます。
それがネット社会の怖いところで、相手の顔が見えないからこそヒートアップしてしまうのです。
出来るだけ、不快なことを言ってくる相手は無視するようにしたいものです。
 
3、一人で抱え込まずに相談する
ネットでのトラブルは意外にも一人で抱え込んでしまいがちですが、
友人や家族、また同じ動画配信者などに相談してアドバイスをもらうのも一つです。
ただしツイッターでさらし上げるなど堂々と相談してはいけません。
また事件化しそうなトラブルについても、信頼できる人に相談した方が良いでしょう。
いずれにしても一人で悩むと事態を悪化させることもあるので、相談しましょう。
 
 
以上、YouTuberが受けやすいトラブルとその解決法について紹介しました。
ネット社会では今後、こうしたトラブルがさらに発展していくものと考えられます。
対処法やポイントを知っておき、モラルを持って立ち回るようにしたいですね!