YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報やコミックなどマルチにつづっていきます!

MENU

YouTubeで人気沸騰の「トマトマトゲーム」とは? 遊び方と5つの魅力

YouTubeから人気に火が付いたカードゲームの紹介です!

トマトマト

 

このブログでもこれまで数あるカードゲームを紹介してきましたが、

中でも最近、特に注目しているのが、

2018/11/11のフィッシャーズさんの動画で紹介されていた「トマトマトゲーム」です。

 


【噛むな!】トマトマトゲームが絶対に流行ると僕らの中で話題になったwww

 

動画を見てもらうと、盛り上がっていてとても楽しそうですよね。

そんなトマトマトゲームが動画の影響で、若い人を中心に人気を集めています。

そこで今回は、トマトマトゲームの詳細と遊び方について紹介します。

 

 

【トマトマトゲームとは?】

トマトマトゲームとは、オインクゲームスから発売されているカードゲームです。

カードゲームと言っても、早口言葉のように声を発するゲームで、

少人数はもちろん、大人数でも盛り上がるゲーム性をしています。

複雑なルールは特にないため、大人から子供まで楽しむことができます。

なお、プレイ時間は約20分間、対象年齢は6歳以上となっています。

トマトマト

トマトマト

 

 

 

【トマトマトゲームの遊び方】

トマトマトゲームの中には、小さめのカードが5種類入っています。

「トマト」

「ト(戸)」

「マ(魔)」

「マト(的)」

「ポテト」

このカードをシャッフルして山札とし、サイコロの出た目の分だけカードを引いて、

出たカードを順番に読み上げていくゲームです。

上手く読み上げることができれば次の人に番が回り、カードがどんどん増えていきます。

読み間違えたり、かんだり、つまずいたりしたら、

その人以外で、場に出たカードを選択、誰とも被らなかった人がゲットできます。

最終的に、このゲットしたカードで「トマト」を作れた数が多い人が勝ちです。

 

 

 

 

【トマトマトカードの魅力】

 

①子供から大人まで楽しめる

対象年齢は6歳以上となっていますが、ひらがなが分かればゲームに参加できます

また、声に出すゲームなので認知症予防や脳トレにも一役買ってくれるでしょう。

お正月やお盆など、三世代集まったときにわいわい盛り上がることができます。

 

②アレンジができる

カードのつくりが非常にシンプルで、汎用性があるトマトマトゲーム。

ルールは自由に変更できるので、アレンジを楽しむことができます。

 

③人数を問わず楽しめる

トマトマトゲームは、2人はもちろん大人数でも十分に楽しめます。

カードゲームと言いつつ、早口言葉や滑舌のゲームに近いので、

大人数でもワイワイ盛り上がることができるでしょう。

 

④アイスブレイクにもってこい

アイスブレイクとは、初対面の人たち同士が打ち解けるための方法のことです。

トマトマトゲームは、カードゲームですが声を発する必要のあるゲームなので、

人見知りの人やコミュ障の人でも盛り上がることができ、

コミュニケーションをとるのに便利なツールともいえます。

 

⑤ 滑舌を鍛えられる

このゲームの鍵は、「いかに噛まないか」というところです。

もちろん見たカードを読み上げるというのは脳にも良いことですが、

難しい言葉の並びを、早口で言うためには滑舌が良くなくてはいけません。

アナウンサーや声優など、滑舌が命の職業の人にも人気らしいですよ。

 

トマトマト

トマトマト

 

 

 

【他にもある! 楽しいカードゲーム】

カードゲームと言えば、UNOや人狼ゲームが定番ですが、

他にもみんなで盛り上がれるゲームがたくさんあります。

 

カードゲームの中でも、ロングセラーの「ハゲタカのえじき」。

心理戦が得意な人がハマってしまう、何度やっても飽きないカードゲームです。

ハゲタカのえじき (Hol's der Geier) 日本語版 カードゲーム

ハゲタカのえじき (Hol's der Geier) 日本語版 カードゲーム

 

 

今回紹介したトマトマトゲームもそうですが、

YouTuberのフィッシャーズ発信のカードゲームって意外と多いものです。

この「ナンジャモンジャ」も巷で結構話題になりましたよね。

キャラクターに名前を付けていくカードゲームです。 

カードゲーム ナンジャモンジャ・ミドリ

カードゲーム ナンジャモンジャ・ミドリ

 

 

最近では、カードゲームやボードゲームの専門店も多いですよね。

スマホが普及している一方で、こうしたゲームが再注目されているのも面白いです。

他にもたくさん面白いゲームがあると思うので、ぜひ探してみてくださいね。