YouTuberのネタ宝庫 アイデア&アイテム集結

youtubeで登場したアイテムや、youtuberに紹介された商品やグッズなどを紹介します! またyoutuberのネタ探しにも役立つ記事を書いていきます!             さらに副業情報やコミックなどマルチにつづっていきます!

MENU

【節税】YouTuberを事業として行うメリットと注意点とは?

節税のため、YouTuberを事業(個人事業主)として行うポイントとは?

f:id:thunder-giraffe-dinosaur:20190113183230j:plain

 

YouTuberとして活躍している、もしくはある程度の収益化ができているという人には、

個人事業主として独立したいと考えている人も多いでしょう。

YouTubeである程度の収益を得ているなら、個人事業主になった方が得なこともあります。

そこで今回は、節税の面から考えるYouTuberの独立について紹介します。

 

 

【事業所得と雑所得の違い】

個人事業主になるメリットを考えるうえで欠かせないのが、事業所得と雑所得です。

 

雑所得とは

たとえば、サラリーマンで副業としてYouTuberを行っている場合、

YouTubeの収益は「雑所得」に分類されます。

雑所得とは、どの所得にも分類されないものを指し、副業の収益などが当たります。

サラリーマンは多くの場合、会社で年末調整を行っているので、

その場合は、雑所得でも「20万円まで」は申告が不要となっています。

そのため、YouTubeで収益を上げている人の中でも年20万円に達していない場合は、

雑所得として認識し、所得税については特に申告をする必要はないでしょう。

 

事業所得とは

一方、事業所得とは、事業によって定期的にある程度入ってくる収入を言います。

「事業所得」として認識されるためには、個人事業主として開業する必要があります。

結論から言うと、雑所得のラインである20万円を超えると税金が発生するので、

その場合には、事業所得として申請した方がお得ということになります。

 

 

【個人事業主とは?】

個人事業主とは、簡単に言うと自営業を行う人のことです。

事業として、一定の利益を上げている人が開業することで個人事業主になれます。

サラリーマンでも、副業で20万円以上の利益がある場合には、開業する人もいます。

(ただし、所属する会社に副業がばれる恐れもあります)

個人事業主になると、一年間の利益を総括して翌年の期限までに確定申告を行う必要があります。

個人事業主になるためには、税務署に必要な書類を提出する必要がありますが、

開業のための資金などは必要ないので、副業で収益があるなら開業するのも良いでしょう。

個人事業主になることで、税金面でさまざまなメリットを受けることができます。

 

 

 

 

【個人事業主になるメリット】

 

・所得控除を受けられる

雑所得なら20万円を超えると税金がかかってしまいますが、

開業して事業所得とすることで、20万円を超えても税金がかからない策があります。

その一つが「所得控除」です。個人事業主として定番の青色申告なら、

最大65万円もの所得控除を受けることができます。

雑所得なら20万円でも、事業所得なら65万円まで所得税がかからないのです。

 

・経費を使える

個人事業主になることで、事業に使う経費を差し引くことが可能です。

たとえば、動画の撮影に使ったカメラや編集のためのパソコンなども差し引けます。

たとえば年間の利益が30万円あったとして、

カメラやパソコンの購入代に10万円あったとしたら、所得は20万円にできます。

税金がかかる所得の部分を減らすことができるので、節税効果が期待できます。

 

・赤字を3年間繰り越せる

YouTubeでコンスタントに利益を得ているのならこのメリットはおまけですが、

仮に事業所得で赤字になってしまっても、3年間は繰り越せます。

 

 

【YouTubeを事業で行うなら】

ここまでの話を簡単にまとめると、

YouTubeなどの副業で20万円以上の利益が出ている場合には、

個人事業主として開業し、事業所得とした方が良いと言えるでしょう。

所得控除や経費など、節税できるメリットも多々あるので、

うまく活用して、YouTubeの収益を効率的に、賢くゲットしましょう!

 

YouTubeの動画収益に関する税金については、こちらにも書いています。

ぜひ合わせてご覧ください!

www.youtuber-item.com